本・コミックの人気商品ランキング

経済・財政の人気本ランキングを掲載しています。

[PR] 【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

>>>トップページへ

経済・財政の人気本ランキング

現在選択されているメニュー

  • [現在選択されている大分類]:ビジネス・経済・就職
  • [現在選択されている小分類]:経済・財政

経済・財政の人気本ランキング 第1位

99%のための経済学(理論編)

本タイトル:99%のための経済学(理論編)

本タイトルカナ:クジュウクパーセント ノ タメノ ケイザイガク

著者名:佐野誠

出版社名:新評論

発売日:2013年03月05日頃

世界的視野から日本型「新自由主義サイクル」の破壊的本質を抉り出し、所得再分配と「共生経済」の来るべきマクロ=ミクロ連環を大担に対置する。

経済・財政の人気本ランキング 第2位

日本経済の構造的危機を読み解く

本タイトル:日本経済の構造的危機を読み解く

本タイトルカナ:ニホン ケイザイ ノ コウゾウテキ キキ オ ヨミトク

本サブタイトル:持続可能な産業再生を展望して

著者名:藤田実

出版社名:新日本出版社

発売日:2014年02月

日本資本主義の現段階をマルクスの視角で分析!-「アメリカ依存の経済構造」「重層的格差構造」「日本的経営に基づく労働者支配」の観点から、戦後成長構造の特質と、直面する“危機”の根源に迫る。

経済・財政の人気本ランキング 第3位

亀裂

本タイトル:亀裂

本タイトルカナ:キレツ

本サブタイトル:欧州国境と難民

著者名:カルロス・スポットルノ/ギジェルモ・アブリル

出版社名:花伝社

発売日:2019年05月22日頃

経済・財政の人気本ランキング 第4位

単位が取れるマクロ経済学ノート

本タイトル:単位が取れるマクロ経済学ノート

本タイトルカナ:タンイガトレルマクロケイザイガクノート

著者名:石川 秀樹

出版社名:講談社

発売日:2009年06月09日頃

22万人を超える読者の支持を受ける合格請け負い講師・石川秀樹先生が、君たちを強力にサポート。

わかりやすいと評判の石川先生の講義を読むだけで、単位なんか簡単に取れる。

日常の数学で解説するから、数学が苦手でも安心。

経済・財政の人気本ランキング 第5位

わたしたちを救う経済学

本タイトル:わたしたちを救う経済学

本タイトルカナ:ワタシタチ オ スクウ ケイザイガク

本サブタイトル:破綻したからこそ見える世界の真実

著者名:

出版社名:Pヴァイン

発売日:2019年08月

経済・財政の人気本ランキング 第6位

実務税法六法(法令 平成22年版)

本タイトル:実務税法六法(法令 平成22年版)

本タイトルカナ:ジツム ゼイホウ ロッポウ

著者名:

出版社名:新日本法規出版

発売日:2010年06月

経済・財政の人気本ランキング 第7位

生産性 誤解と真実

本タイトル:生産性 誤解と真実

本タイトルカナ:セイサンセイゴカイトシンジツ

著者名:森川 正之

出版社名:日本経済新聞出版社

発売日:2018年11月19日頃

生産性を高めるために何が必要なのか。

「イノベーション」「教育・人的資本投資」「働き方改革」「経営の質」「規制改革」「グローバル化」「都市・地域経済」「財政・社会保障」-。

気鋭のエコノミストが、広範な視点から、エビデンスに基づいて生産性と経済政策をめぐる論点を整理。

真に有効な処方箋についての考え方を提示する。

経済・財政の人気本ランキング 第8位

よくわかる地方税滞納整理の実務とマネジメント

本タイトル:よくわかる地方税滞納整理の実務とマネジメント

本タイトルカナ:ヨク ワカル チホウゼイ タイノウ セイリ ノ ジツム ト マネジメント

著者名:鷲巣研二

出版社名:時事通信出版局

発売日:2015年03月

折衝中心の滞納整理からの脱却を。

地方税徴収実務の決定版!豊富な実例、参考になる判例、実務のノウハウを満載、滞納整理の第一線で活躍する全国自治体徴収職員待望の必携読本。

経済・財政の人気本ランキング 第9位

貧困の経済学 上

本タイトル:貧困の経済学 上

本タイトルカナ:ヒンコンノケイザイガク

著者名:マーティン・ラヴァリオン/柳原 透

出版社名:日本評論社

発売日:2018年09月18日頃

貧困とは何か、どのように測られるのか。

経済・財政の人気本ランキング 第10位

ルポタックスヘイブン

本タイトル:ルポタックスヘイブン

本タイトルカナ:ルポ タックスヘイブン

本サブタイトル:秘密文書が暴く、税逃れのリアル

著者名:朝日新聞ICIJ取材班

出版社名:朝日新聞出版

発売日:2018年04月

「上位1%」の超富裕層が、世界の富の半分を独占、世界各地でその「経済格差」が叫ばれる時代ー、タックスヘイブンの中をのぞきこむと、その理由の一端、大企業と富裕層だけが得をする生々しい仕組みが見えてくる。

経済・財政の人気本ランキング 第11位

教育のトレンド(2)

本タイトル:教育のトレンド(2)

本タイトルカナ:キョウイク ノ トレンド

本サブタイトル:図表でみる世界の潮流と教育の課題

著者名:経済協力開発機構/立田慶裕

出版社名:明石書店

発売日:2011年09月

社会の多様化の広がりは、教育にとってどのような意味を持つのだろうか?グローバルな経済力は、新たな国作りにどのような影響を及ぼしていくのだろうか?私たちの働き方はどんな風に変わっていくのだろうか?本書は、こうした問いに答えるための国際的で統計的な根拠(エビデンス)を示してくれる。

その内容をわかりやすく伝えるため、それぞれのトレンドについては、見開き構成で、簡単なはしがきと2つの図を示しながら解説が加えられている。

解説に続いて、教育の課題についてわかりやすい3つ程度の問いかけを行い、トレンドが未来の教育に及ぼす影響とその相互作用を考えていく。

本書で取り上げるトレンドは、質の高い国際的データに基づいており、OECDのものを主として、世界銀行や国連のものから引用されている。

また、それぞれの図は、OECDのウェブサイトと連動し、インターネットを通じて読者がデータを活用できるように工夫されている。

経済・財政の人気本ランキング 第12位

税法がわかる30話

本タイトル:税法がわかる30話

本タイトルカナ:ゼイホウガワカルサンジュウワ

著者名:阿部 徳幸

出版社名:中央経済社

発売日:2020年03月03日頃

身近な存在である税金を定める法制度でありながら、学ぼうとすると難しさが先に立つ税法。

その学修の入り口となるよう、枝葉にあえて立ち入ることなくエッセンスを解説。

30のテーマを設定し、リラックスして一読していただければ、無理なく基礎から応用へと進んでゆくための第1歩となるように執筆されている。

経済・財政の人気本ランキング 第13位

空洞化と属国化

本タイトル:空洞化と属国化

本タイトルカナ:クウドウカ ト ゾッコクカ

本サブタイトル:日本経済グローバル化の顛末

著者名:坂本雅子

出版社名:新日本出版社

発売日:2017年09月

崩れと変容、建前と思惑。

現実の奥にある闇に迫る。

経済・財政の人気本ランキング 第14位

データでみる県勢(2015年版)

本タイトル:データでみる県勢(2015年版)

本タイトルカナ:データ デ ミル ケンセイ

本サブタイトル:日本国勢図会地域統計版

著者名:矢野恒太記念会

出版社名:矢野恒太記念会

発売日:2014年12月

経済・財政の人気本ランキング 第15位

日本植民地研究の論点

本タイトル:日本植民地研究の論点

本タイトルカナ:ニホン ショクミンチ ケンキュウ ノ ロンテン

著者名:日本植民地研究会

出版社名:岩波書店

発売日:2018年07月

研究の緻密化と並行して細分化が進むなか、「帝国」の構造や植民地支配のあり方を総体として把握・理解する必要性がますます高まっている。

そのために必要な論点を、政治・経済の制度と文化的側面の双方に目を配りつつテーマ別に整理し、第一線の研究者36人がわかりやすく解説する。

研究の到達点と今後の展望を提示する画期的入門書。

経済・財政の人気本ランキング 第16位

日本経済は誰のものなのか?--戦後日本が抱え続ける病理

本タイトル:日本経済は誰のものなのか?--戦後日本が抱え続ける病理

本タイトルカナ:ニホンケイザイハダレノモノナノカセンゴニホンガダキツヅケルビョウリ

著者名:田村秀男/上島嘉郎

出版社名:扶桑社

発売日:2020年12月22日頃

現在の日本は大恐慌時の米国より経済成長率が低い!?たしかにコロナ禍はチャンスに変えられるが、このままだと日本経済はまた敗北する!?日本経済の分岐点の現場に何度も立ち会った記者と、敗戦以来の日本の宿痾を知悉した論客が、日本経済の経緯を振り返り、日本人の生活が豊かにならない理由をえぐり出し、復活への道を提示する!

経済・財政の人気本ランキング 第17位

経済学入門

本タイトル:経済学入門

本タイトルカナ:ケイザイガク ニュウモン

著者名:片山邦雄

出版社名:八千代出版

発売日:2007年09月25日頃

経済・財政の人気本ランキング 第18位

世界経済の謎

本タイトル:世界経済の謎

本タイトルカナ:セカイ ケイザイ ノ ナゾ

本サブタイトル:経済学のおもしろさを学ぶ

著者名:竹森俊平

出版社名:東洋経済新報社

発売日:1999年12月

本書では、最新の経済理論までを、数式を一切使わずに、経済学の知識がなくてもわかるように説明している。

東アジアの通貨危機や、ヘッジ・ファンドLTCMの倒産といった、近年、世界で起こったスリルに満ちた出来事の「謎」を解くために、理論は「鍵」の役目をするのである。

グローバル化した現代経済の「脆弱性」はどこにあるのか、というパズルを解いていく過程で、読者には、ジェット・コースターに乗ったようなスリルが味わえる。

経済・財政の人気本ランキング 第19位

検証・東アジアの地域主義と日本

本タイトル:検証・東アジアの地域主義と日本

本タイトルカナ:ケンショウ ヒガシアジア ノ チイキ シュギ ト ニホン

著者名:馬田啓一/木村福成

出版社名:文眞堂

発売日:2008年05月

東アジアの地域主義はどのような方向に進むのか。

東アジアにおけるFTA締結の新たな潮流、東アジア共同体構想をめぐる議論の本質、日本のFTA戦略が直面する課題など、東アジアの地域主義の現状と問題点、今後の課題について検証し、東アジア経済の新たな構図を探る。

学会を代表する気鋭の研究者が織り成す識見溢れる力作である。

経済・財政の人気本ランキング 第20位

日本経済が頂点に立つこれだけの理由

本タイトル:日本経済が頂点に立つこれだけの理由

本タイトルカナ:ニホン ケイザイ ガ チョウテン ニ タツ コレダケ ノ リユウ

著者名:山本博一

出版社名:彩図社

発売日:2013年08月

22年連続で世界一の債権国であり、どこよりも優れた生産供給能力を持ち、そして、世界最大のデフレギャップを有する日本。

この状況は80年前のアメリカと全く同じなのだ!今、世界中が不況に苦しむ中、15年に及ぶデフレ不況を抜け出した日本経済は、必ず、頂点に立てる!

経済・財政の人気本ランキング 第21位

ケインズ全集(第7巻)

本タイトル:ケインズ全集(第7巻)

本タイトルカナ:ケインズ ゼンシュウ

著者名:ジョン・メーナード・ケインズ/塩野谷祐一

出版社名:東洋経済新報社

発売日:1983年12月

経済・財政の人気本ランキング 第22位

臨界点を超える世界経済

本タイトル:臨界点を超える世界経済

本タイトルカナ:リンカイテン オ コエル セカイ ケイザイ

本サブタイトル:通貨と金をめぐる4大危機に備えよ

著者名:吉田繁治

出版社名:ビジネス社

発売日:2019年07月

通貨はどこから来て、どこへ行くのか。

主要国は通貨、株価、財政、銀行の4大危機に直面する!過剰なペーパーマネーが金融危機を起こして暴落する。

そのとき金融資産を守る術はあるのか。

経済・財政の人気本ランキング 第23位

日本の地域社会における対外国人意識

本タイトル:日本の地域社会における対外国人意識

本タイトルカナ:ニホン ノ チイキ シャカイ ニ オケル タイ ガイコクジン イシキ

本サブタイトル:北海道稚内市と富山県旧新湊市を事例として

著者名:小林真生

出版社名:福村出版

発売日:2012年02月

経済・財政の人気本ランキング 第24位

大学なんか行っても意味はない?

本タイトル:大学なんか行っても意味はない?

本タイトルカナ:ダイガクナンカイッテモイミハナイ

本サブタイトル:教育反対の経済学

著者名:ブライアン・カプラン/月谷真紀

出版社名:みすず書房

発売日:2019年07月17日頃

なぜ学生は楽勝授業を探し、試験が終われば学んだことを平気で忘れてしまうのか?なぜ過去数十年で教育が普及したのに、平均的な労働者が良い仕事に就けず、学歴インフレが起きているのか?なぜ企業は、ほとんど使うあてのない学校教育を受けた労働者に給料を支払うのか?なぜ社会では、学校を卒業することが最大の協調性のシグナルになるのか?人気ブロガー経済学者が、経済学の概念「シグナリング」をキーワードに、現在の教育システムが抱える問題点を実証データで分析する。

経済・財政の人気本ランキング 第25位

グローバル化の光と影

本タイトル:グローバル化の光と影

本タイトルカナ:グローバルカ ノ ヒカリ ト カゲ

本サブタイトル:日本の経済と働き方はどう変わったのか

著者名:高橋信弘

出版社名:晃洋書房

発売日:2018年11月

新しい働き方のヒントがここにある。

グローバル化によって経済や経営、働き方が改善した事例や悪化した事例を通じて、困難な時代を生き抜く方法を探る。

経済・財政の人気本ランキング 第26位

資本論(3)

本タイトル:資本論(3)

本タイトルカナ:シホンロン

著者名:カール・ハインリヒ・マルクス/資本論翻訳委員会

出版社名:新日本出版社

発売日:1983年03月

経済・財政の人気本ランキング 第27位

ハイエク全集(第2期 第3巻)

本タイトル:ハイエク全集(第2期 第3巻)

本タイトルカナ:ハイエク ゼンシュウ

著者名:フリードリヒ・アウグスト・フォン・ハイエ/西山千明

出版社名:春秋社(千代田区)

発売日:2011年12月

「社会科学」には何ができて、できないのか?自然科学との混同に警鐘を鳴らした“社会科学方法論”の最高傑作が待望の‘新訳’でよみがえる。

経済・財政の人気本ランキング 第28位

ハイパー・インフレの人類学

本タイトル:ハイパー・インフレの人類学

本タイトルカナ:ハイパー インフレ ノ ジンルイガク

本サブタイトル:ジンバブエ「危機」下の多元的貨幣経済

著者名:早川真悠

出版社名:人文書院

発売日:2015年03月12日頃

2008年から2009年かけて未曽有のインフレーションに陥った南部アフリカの内陸国ジンバブエで、著者はフィールドワークを敢行した。

本書は現代経済学において「経済の解体」とされるような危機的状況に直面した人びとの反応と選択を、生活者の視点で記述し分析するものである。

経済人類学では、すでに欧米近代の一元的な貨幣論が批判的に検討されてきたが、本書は、まさに一元的貨幣が相対化され、多元的な貨幣状況が立ち現われた現場をとらえている。

非常に貴重かつユニークなエスノグラフィーであり、一元的貨幣論に縛られた経済学への反論でもある。

経済・財政の人気本ランキング 第29位

現代資本主義への新視角

本タイトル:現代資本主義への新視角

本タイトルカナ:ゲンダイ シホン シュギ エノ シンシカク

本サブタイトル:多様性と構造変化の分析

著者名:山田鋭夫/宇仁宏幸

出版社名:昭和堂(京都)

発売日:2007年01月

理論と実証の両面から分析。

「制度」「調整」「補完性」および「階層性」-資本主義の現代像を問う。

広く政治経済学的視点から現代資本主義の構造と動態についての分析を踏まえて、高度成長からポスト・バブルの今日までの日本経済の変容を浮き彫りにする。

経済・財政の人気本ランキング 第30位

通貨・銀行信用・経済循環

本タイトル:通貨・銀行信用・経済循環

本タイトルカナ:ツウカ ギンコウ シンヨウ ケイザイ ジュンカン

著者名:ヘスース・ウエルタ・デ・ソト/蔵研也

出版社名:春秋社(千代田区)

発売日:2015年11月20日頃

法学、経済理論、通貨・資本・経済循環理論にもとづき、普く経済思想史の射程において展開するダイナミックな学際的研究。

ミーゼス、ハイエク、ロスバードの経済思想を継承するオーストリア学派理論の集大成。