本・コミックの人気商品ランキング

軍事の人気本ランキングを掲載しています。

[PR] 【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

>>>トップページへ

軍事の人気本ランキング

現在選択されているメニュー

  • [現在選択されている大分類]:人文・思想・社会
  • [現在選択されている小分類]:軍事

軍事の人気本ランキング 第1位

F-14トムキャット オペレーション イラキフリーダム

本タイトル:F-14トムキャット オペレーション イラキフリーダム

本タイトルカナ:エフジュウヨントムキャット オペレーション イラキフリーダム

本サブタイトル:イラクの自由作戦のアメリカ海軍F-14トムキャット

著者名:トニー・ホームズ/平田光夫

出版社名:大日本絵画

発売日:2015年04月27日頃

イラク上空の監視任務であるサザンウォッチ作戦からイラク本土への侵攻となったイラクの自由作戦に於いてF-14部隊がいかに運用され、いかに戦ったかに着目。

イラク戦争の前哨戦ともなったサザンウォッチ作戦での恒常的出撃と監視任務を支えた苦闘から、旧型機であるF-14に最新式の誘導爆弾を搭載するためのプロセス、そして空陸に亘る大規模戦闘となったイラクの自由作戦でF-14が果たした幅広い役割を、実戦を戦ったアメリカ海軍パイロットたちの証言から立体的に読み解く。

今まで日本語で語られることのなかったF-14部隊の最後の活躍をまとめあげた、体系的資料の決定版!

軍事の人気本ランキング 第2位

イラストでまなぶ! 現代のスナイパー 実戦編

本タイトル:イラストでまなぶ! 現代のスナイパー 実戦編

本タイトルカナ:スナイパージッセン

著者名:

出版社名:ホビージャパン

発売日:2017年02月25日頃

実戦に基づく“狙撃”のテクニックをイラストとコミックで解説。

実戦を戦うテクニックー弾道修正・目標選定・脱出etc…元アメリカ陸軍将校がスナイパーの技術・戦術を完全解説!

軍事の人気本ランキング 第3位

大迫力CG映像で体感する!自衛隊の新世代兵器

本タイトル:大迫力CG映像で体感する!自衛隊の新世代兵器

本タイトルカナ:ダイハクリョク シージー エイゾウ デ タイカンスル ジエイタイ ノ シンセダ

著者名:別冊宝島編集部

出版社名:宝島社

発売日:2015年06月

10年ごとの自衛隊の姿!自衛隊の現有装備、組織、部隊配置から、新防衛大綱の整備が完了した2020年代の自衛隊主要装備と注目部隊、そして2030年代の近未来自衛隊の姿までを描く!

軍事の人気本ランキング 第4位

中国の海洋強国戦略

本タイトル:中国の海洋強国戦略

本タイトルカナ:チュウゴクノカイヨウキョウコクセンリャク

本サブタイトル:グレーゾーン作戦と展開

著者名:アンドリュー・S・エリクソン/ライアン・D・マーティンソン

出版社名:原書房

発売日:2020年03月19日頃

東シナ海・南シナ海に展開する準海軍「中国海警局」や「中国海上民兵」の実態と係争海域の実効支配を視野に入れた展開のすべて。

米海軍大学の専門研究機関があらゆる角度から分析・詳述した決定版!

軍事の人気本ランキング 第5位

米軍「秘密」基地ミサワ増補改訂版

本タイトル:米軍「秘密」基地ミサワ増補改訂版

本タイトルカナ:ベイグン ヒミツ キチ ミサワ

本サブタイトル:世界に向けられた牙

著者名:斉藤光政

出版社名:同時代社

発売日:2004年01月

バクダッド空爆で猛威をふるったF16戦闘機はミサワ基地から飛び立った。

次の「標的」は北朝鮮か!自衛隊派兵の背後で進む米国の東アジア軍事戦略を衝く。

軍事の人気本ランキング 第6位

ラスト・オブ・カンプフグルッペ(続)

本タイトル:ラスト・オブ・カンプフグルッペ(続)

本タイトルカナ:ラスト オブ カンプフグルッペ

著者名:高橋慶史

出版社名:大日本絵画

発売日:2005年05月

1945年5月、第三帝国消滅のその日まで絶望と混乱の戦場で果敢に戦い続けたドイツ機甲戦闘団。

長期間にわたる丹念な調査と著者独特の視点によって描き出される、第二次大戦末期におけるドイツ軍地上部隊の知られざる戦闘記録集、満を持してここに完結。

ティーガー2型をはじめとする主力重戦車から試作車両、軍装類…約250点に及ぶ写真に加え、豊富な図版を掲載。

また、気鋭のイタリア人研究家による「特別寄稿」も収録。

軍事の人気本ランキング 第7位

【図解】ベトナム戦争

本タイトル:【図解】ベトナム戦争

本タイトルカナ:ズカイベトナムセンソウ

著者名:上田 信

出版社名:新紀元社

発売日:2019年11月02日頃

軍事の人気本ランキング 第8位

ミリタリーユニフォーム・バイブル3 軍装の世界

本タイトル:ミリタリーユニフォーム・バイブル3 軍装の世界

本タイトルカナ:ミリタリーユニフォームバイブルスリーグンソウノセカイ

著者名:金子賢一/大藤玲一郎

出版社名:イカロス出版

発売日:2021年05月27日頃

本書では「スクリーンの中の軍装」と題し、第一次&第二次大戦を舞台にした作品から、グリンベレーやネイビーシールズといった特殊部隊が活躍する現代ものまで、様々な戦争映画、アクション映画に登場するキャラクターの軍装を解説します。

また、史実編の軍装としては、昭和期の日本陸軍、第二次大戦のドイツ空軍、第二次大戦の看護部隊&婦人部隊、世界の海兵隊などを収録。

楽しみながら軍装を学びたいという人におすすめの一冊です。

軍事の人気本ランキング 第9位

特別攻撃隊の記録(海軍編)

本タイトル:特別攻撃隊の記録(海軍編)

本タイトルカナ:トクベツ コウゲキタイ ノ キロク

本サブタイトル:Kamikaze

著者名:押尾一彦

出版社名:潮書房光人社

発売日:2005年02月

海軍特別攻撃隊の全貌。

詳細なデータと写真で綴る決定版!昭和19年10月25日、神風特別攻撃隊敷島隊の爆戦5機、直掩機4機は、レイテ島のタクロバン東方海上に米空母群を発見。

ただちに全機突入、海軍特攻の魁となるー昭和20年8月15日、第5航空艦隊司令長官・宇垣纒中将は幕僚の制止を固辞し最後の特攻に出撃、沖縄の敵艦隊に突入して散華した。

付・海軍神風攻撃隊出撃一覧表。

軍事の人気本ランキング 第10位

基地と財政

本タイトル:基地と財政

本タイトルカナ:キチトザイセイ

本サブタイトル:沖縄に基地を押しつける「醜い」財政政策

著者名:川瀬光義

出版社名:自治体研究社

発売日:2018年07月09日頃

基地問題は「沖縄問題」ではない、日本問題である。

それなのに、基地は不条理にも沖縄に押しつけられてきた。

日本政府の「醜い」財政政策によって。

軍事の人気本ランキング 第11位

最新日本の対テロ特殊部隊

本タイトル:最新日本の対テロ特殊部隊

本タイトルカナ:サイシン ニホン ノ タイ テロ トクシュ ブタイ

著者名:菊池雅之/柿谷哲也

出版社名:アリアドネ企画

発売日:2008年11月

SAT/SIT/SST/P-REX/DMAT/特別警備隊/銃器対策部隊。

凶悪テロ事件、不審船、海賊、大規模災害に対応するプロ職人集団の実像。

軍事の人気本ランキング 第12位

自衛隊の仕事全ガイド隊員たちの24時間

本タイトル:自衛隊の仕事全ガイド隊員たちの24時間

本タイトルカナ:ジエイタイ ノ シゴト ゼン ガイド タイインタチ ノ ニジュウヨジカン

本サブタイトル:Welfare Magazine総集編2008-2

著者名:Welfare Magazine編集部

出版社名:原書房

発売日:2011年07月

防衛省・自衛隊内部のみで流通するコアな情報誌Welfare Magazineのエッセンスを凝縮。

他では読めない密着情報を満載した永久保存版。

軍事の人気本ランキング 第13位

ドイツ高射砲塔

本タイトル:ドイツ高射砲塔

本タイトルカナ:ドイツ コウシャホウトウ

本サブタイトル:連合軍を迎え撃つドイツ最大の軍事建造物

著者名:広田厚司

出版社名:光人社

発売日:2012年01月

ドイツの枢要な都市の中心部を連合軍の空爆から防衛する異形な姿の防空大要塞。

ヒトラー自らが描いたデッサンをもとに設計され、塔頂部には128ミリ重高射砲、37ミリ、20ミリ機関砲等が装備された。

ベルリン、ハンブルグ、ウィーンの空に君臨し、堅固な耐爆構造から空襲時には防空塔ともなった異色の建造物を詳解。

軍事の人気本ランキング 第14位

ラスト・オブ・カンプフグルッペ6

本タイトル:ラスト・オブ・カンプフグルッペ6

本タイトルカナ:ラスト オブ カンプフグルッペロク

著者名:高橋慶史

出版社名:大日本絵画

発売日:2018年04月04日頃

決して教科書には載ることのない小規模なドイツ軍戦闘部隊(戦闘団)の奮戦を紹介するシリーズの第6巻。

インド、アラブ、ウクライナなどの外国人義勇兵部隊の知られざる活動、ノルウェーやオストプロイセンでの戦い、強運の空軍地上師団の顛末を描く。

少数のヤークトパンターをもって、連合軍の戦線後方を撹乱し続けた“もうひとつのヴィーキング”も必読。

軍事の人気本ランキング 第15位

特殊部隊ウェポン&ギアマニュアル

本タイトル:特殊部隊ウェポン&ギアマニュアル

本タイトルカナ:トクシュ ブタイ ウェポン アンド ギア マニュアル

著者名:

出版社名:ホビージャパン

発売日:2014年02月

軍事の人気本ランキング 第16位

悲劇の軍艦新装版

本タイトル:悲劇の軍艦新装版

本タイトルカナ:ヒゲキ ノ グンカン

本サブタイトル:海軍魂を発揮した八隻の戦い

著者名:吉田俊雄

出版社名:潮書房光人社

発売日:2008年06月

圧倒的な連合軍との決戦に際し、勇敢で強靭に戦った八隻の艦艇。

ソロモンの軽巡「神通」、比島沖の戦艦「山城」、空母「瑞鶴」、駆逐艦「秋月」等、自らの責務を果たすため、人艦一如の戦いを演じた乗員たちの資質とは何か。

窮地に陥るもなお、戦場を見据えた海軍軍人たちの真摯な姿を描く。

軍事の人気本ランキング 第17位

ナチス親衛隊装備大図鑑

本タイトル:ナチス親衛隊装備大図鑑

本タイトルカナ:ナチス シンエイタイ ソウビ ダイズカン

著者名:アルリック・オブ・イングランド/村上和久

出版社名:原書房

発売日:2013年05月24日頃

一般親衛隊の制服、装具はもちろん、徽章類から各種文書、剣や拳銃、支給品まで3000点あまりを網羅。

親衛隊の成り立ちから様々な稀少アイテムまで詳細な写真とともに紹介。

世界的コレクターによる永久保存版。

軍事の人気本ランキング 第18位

コンバット・バイブル増補改訂版

本タイトル:コンバット・バイブル増補改訂版

本タイトルカナ:コンバット バイブル

本サブタイトル:アメリカ陸軍教本完全図解マニュアル

著者名:上田信(イラストレーター)

出版社名:コスミック出版

発売日:2015年09月28日頃

軍事の人気本ランキング 第19位

Viva!知られざるイタリア軍

本タイトル:Viva!知られざるイタリア軍

本タイトルカナ:ビバ シラレザル イタリアグン

著者名:吉川和篤

出版社名:イカロス出版

発売日:2012年05月

ともに枢軸軍として戦ったドイツ軍や日本軍に比べて、不甲斐ない戦いぶりが強調されて語られることが多いイタリア軍。

だがもちろん全てのイタリア軍将兵が弱兵だったわけではなく、日独の将兵にも劣らない驚異的な奮戦を見せたイタリア軍将兵も数多い。

本書の前半では、イタリア休戦までのイタリア陸海空軍の各地での意外なまでの敢闘、そして休戦後も枢軸側に残り戦い続けたRSI軍の頑強な戦いぶりを詳解。

また後半では、戦車、軽車輌、人間魚雷、戦闘機などイタリア軍の特徴的な兵器14種を、貴重な写真とカラー図版などで解説する。

軍事の人気本ランキング 第20位

CGフルカラー!日本陸海軍戦闘機大図鑑

本タイトル:CGフルカラー!日本陸海軍戦闘機大図鑑

本タイトルカナ:シージー フルカラー ニホン リクカイグン セントウキ ダイズカン

本サブタイトル:精彩フルカラー化写真で全機体完全網羅

著者名:別冊宝島編集部

出版社名:宝島社

発売日:2017年08月

零式艦上戦闘機、紫電改、一式戦闘機隼、五式戦闘機、十七試艦上戦闘機烈風…精彩フルカラー化写真で全機体完全網羅。

綴じこみポスター01・完全透視図解(零戦・飛燕・秋水)。

綴じこみポスター02・主要戦闘機系譜図。

軍事の人気本ランキング 第21位

インドの軍事力近代化

本タイトル:インドの軍事力近代化

本タイトルカナ:インド ノ グンジリョク キンダイカ

本サブタイトル:その歴史と展望

著者名:スティーヴン・フィリップ・コーエン/スニル・ダスグプタ

出版社名:原書房

発売日:2015年05月25日頃

軍事大国化するインドは何を目指すのかー南アジア研究の世界的権威による名著ついに邦訳!インド安全保障を理解する必読書。

軍事の人気本ランキング 第22位

ルポ沖縄 国家の暴力

本タイトル:ルポ沖縄 国家の暴力

本タイトルカナ:ルポ オキナワ コッカノボウリョク

本サブタイトル:現場記者が見た「高江165日」の真実

著者名:阿部岳

出版社名:朝日新聞出版

発売日:2017年08月21日頃

人口140人ほどの「東村・高江」。

自然豊かな小さな集落を取り囲むように、「米軍ヘリパッド」の建設が計画された。

建設に抗議する市民に、政府は本土の機動隊約500人を派遣。

排除のため、むき出しの暴力が市民に牙を剥く。

「静かな普通の暮らし」を求める沖縄の声を、強権発動してまでも抑えつける政府。

記者の目に映ったのは、この国の危機の縮図であり、あすの本土の姿だったー。

本土では伝えられない、沖縄の山奥で起きた「165日間」に迫る。

軍事の人気本ランキング 第23位

朝鮮戦争航空戦のエース

本タイトル:朝鮮戦争航空戦のエース

本タイトルカナ:チョウセン センソウ コウクウセン ノ エース

著者名:ロバート・F.ドール/ジョン・レイク

出版社名:大日本絵画

発売日:2003年10月

史上初のジェット戦闘機同士の空中戦が行われた朝鮮戦争。

第二次大戦をうわまわる弾薬が消費され、地上軍が各地で一進一退の攻防を続けていた半島の上空では、MiG-15とF-86が航空史を塗り替えることになった壮絶な空中戦を続けていた。

高空から襲いかかる獰猛なミグをF-86で迎え撃ちジェット対ジェットの戦いを征したエースたちを紹介。

カラー塗装図/アメリカ航空部隊別敵機撃墜者氏名と撃墜数付き。

軍事の人気本ランキング 第24位

夜間戦闘機

本タイトル:夜間戦闘機

本タイトルカナ:ヤカン セントウキ

本サブタイトル:ドイツの暗闇のハンティング

著者名:渡辺洋二

出版社名:潮書房光人社

発売日:2002年07月

独英の電波が飛びかうヨーロッパの空で見えざる敵を探知し、追跡し、苛烈なる空中戦を展開したドイツ夜間戦闘機ー圧倒的な物量でドイツの中枢に襲い来る連合軍爆撃機群に立ち向かった「暗闇の騎士たち」の初出撃から終焉までを描く感動の空戦記。

高度な機器材と戦闘法に裏打ちされたドイツ夜戦搭乗員の活躍。

軍事の人気本ランキング 第25位

銀翼、南へ北へ

本タイトル:銀翼、南へ北へ

本タイトルカナ:ギンヨク ミナミ エ キタ エ

本サブタイトル:軍航空の多彩な舞台

著者名:渡辺洋二

出版社名:潮書房光人新社

発売日:2013年10月

ベテラン搭乗員の乗った零戦はたしかに強かったのか。

日本軍のどこが弱点で、米軍の強さはどこにあったのだろうか。

雷電、銀河、四式戦闘機、乱用に耐える兵器として誕生することなく、用兵者に無理強いされた最前線の機体ーそして航空機に携わった関係者の不断の努力と苦闘の日々を描く知られざる戦場の物語。

軍事の人気本ランキング 第26位

太平洋戦争知られざる米軍の謎

本タイトル:太平洋戦争知られざる米軍の謎

本タイトルカナ:タイヘイヨウ センソウ シラレザル ベイグン ノ ナゾ

本サブタイトル:太平洋戦争の勝敗の分け目は何だったのか?

著者名:日本軍の謎検証委員会

出版社名:彩図社

発売日:2015年11月

軍事の人気本ランキング 第27位

兵士というもの

本タイトル:兵士というもの

本タイトルカナ:ヘイシトイウモノ

本サブタイトル:ドイツ兵捕虜盗聴記録に見る戦争の心理

著者名:ゼンケ・ナイツェル/ハラルト・ヴェルツァー

出版社名:みすず書房

発売日:2018年04月17日頃

兵士という「普通の人々」は戦場や軍隊組織で何を考え、暴力をどう内面化していくのか。

盗聴された捕虜同士の赤裸々な会話という画期的史料を、歴史学と心理学で分析し各国に衝撃を与えた書。

軍事の人気本ランキング 第28位

孫子

本タイトル:孫子

本タイトルカナ:ソンシ

著者名:デレク・ユアン

出版社名:中央公論新社

発売日:2018年02月08日頃

中国圏と英語圏の解釈の相違と継承の経緯を分析し、東洋思想の系譜からタオイズムとの相互関連を検証、中国戦略思想の成立と発展を読み解く。

気鋭の戦略思想家が、世界的名著の本質に迫る。

軍事の人気本ランキング 第29位

都市型社会と防衛論争

本タイトル:都市型社会と防衛論争

本タイトルカナ:トシガタ シャカイ ト ボウエイ ロンソウ

本サブタイトル:市民・自治体と「有事」立法

著者名:松下圭一

出版社名:公人の友社

発売日:2002年08月

軍事の人気本ランキング 第30位

沖縄の海兵隊はグアムへ行く

本タイトル:沖縄の海兵隊はグアムへ行く

本タイトルカナ:オキナワ ノ カイヘイタイ ワ グアム エ ユク

本サブタイトル:米軍のグアム統合計画

著者名:吉田健正

出版社名:高文研

発売日:2010年02月

普天間基地移設問題が日米安保を揺るがす。

だがー世にも不思議な物語!米軍はすでに「グアムへの軍事統合」を構想、普天間をも視野に入れた沖縄海兵隊受け入れの計画を着々と進めているのだ。