本・コミックの人気商品ランキング

エンタメの人気本ランキングを掲載しています。

[PR] 【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

>>>トップページへ

エンタメの人気本ランキング

現在選択されているメニュー

  • [現在選択されている大分類]:文庫
  • [現在選択されている小分類]:エンタメ

エンタメの人気本ランキング 第1位

ゴジラ

本タイトル:ゴジラ

本タイトルカナ:ゴジラ

著者名:香山滋

出版社名:筑摩書房

発売日:2004年11月

恐るべき核実験によって、太古からの眠りを醒した原始怪獣ゴジラ。

船舶を没め、島を蹂躙したのち、ついに日本本土へと上陸する。

怪獣の炎によって灰燼と化した東京ー。

戦火の記憶も新らしい人々は、ふたたび絶望の淵へと立たされた。

はたして人類に平和への道は残されているのか?原作者・香山滋によるゴジラ関連作品を集大成するとともに「獣人雪男」を収録した決定版。

エンタメの人気本ランキング 第2位

不死蝶岸田森

本タイトル:不死蝶岸田森

本タイトルカナ:フシチョウ キシダ シン

著者名:小幡貴一/田辺友貴

出版社名:ワイズ出版

発売日:2016年08月

大好評を博したロングセラー「不死蝶 岸田森」待望の文庫化!単行本未収録エッセイ「片眼で蝶を追う」「日月潭の夕焼け」を収録、出演映画作品の資料を追加、そして未収録スナップを多数収録。

稀代の個性派俳優・岸田森のすべて…

エンタメの人気本ランキング 第3位

セロ弾きのゴーシュ

本タイトル:セロ弾きのゴーシュ

本タイトルカナ:セロヒキ ノ ゴーシュ

本サブタイトル:映画編

著者名:アニメ-ジュ編集部

出版社名:徳間書店

発売日:1982年12月

エンタメの人気本ランキング 第4位

時代劇ベスト100+50

本タイトル:時代劇ベスト100+50

本タイトルカナ:ジダイゲキベストヒャクプラスゴジュウ

著者名:春日太一

出版社名:光文社

発売日:2020年06月10日

地上波のテレビからはほぼ消えた一方で、BS、CS、レンタルショップ、ネット配信などでは膨大な数の作品が観られる時代劇。

本書では、日本の時代劇を知り尽くした著者が、視聴する側のさまざまな趣味嗜好を考慮しながら厳選した150作品を紹介する。

これから観てみたいと考えている人に、入り口となる1本が必ず見つかる時代劇ガイドの決定版。

エンタメの人気本ランキング 第5位

リヒテルは語る

本タイトル:リヒテルは語る

本タイトルカナ:リヒテル ワ カタル

著者名:ユーリー・アリベルトヴィチ・ボリソフ/宮沢淳一

出版社名:筑摩書房

発売日:2014年03月10日頃

「ショパンのスケルツォ第4番。

あれはまだ飛び方を習得していない天使を描いている」-日本との関係も深い20世紀最大のピアニスト、スヴャトスラフ・リヒテルが、駆け出しの演出家に語った驚きの言葉のかずかず。

音楽作品が描き出す物語、他の芸術分野への連想、著名な人たちの思い出などがいきいきと語られる。

プルーストやシェイクスピアを引用し、フェルメールやピカソを評し、フェリーニやクロサワを讃える。

天才の想像力が全開する類いまれな一冊。

文庫化に際し、「八月を想う貴人」を増補。

エンタメの人気本ランキング 第6位

市川團十郎代々

本タイトル:市川團十郎代々

本タイトルカナ:イチカワダンジュウロウダイダイ

著者名:服部 幸雄

出版社名:講談社

発売日:2020年03月12日頃

歌舞伎を観ることは、役者を観ることである。

中でも「市川團十郎」の名跡は大きく重い。

元禄期の江戸に数々の伝説を残した初代。

「歌舞伎十八番」でその権威を確立した七代目。

近代化の波を乗り切った九代目。

戦後の歌舞伎を立て直した「海老さま」こと十一代目ー。

十二人のあふれる個性を、豊富な役者絵や舞台写真をまじえて活写。

エンタメの人気本ランキング 第7位

ゼニガタ 深夜0時の闇金居酒屋

本タイトル:ゼニガタ 深夜0時の闇金居酒屋

本タイトルカナ:ゼニガタ シンヤ レイジ ノ ヤミキン イザカヤ

著者名:辻森惺/永森裕二

出版社名:竹書房

発売日:2018年05月

居酒屋経営者の裏の顔はー超暴利な闇金業者。

錆びついた漁船が停泊するひなびた漁港。

路地裏の一角でひっそり営む居酒屋「銭形」。

店主は銭形兄弟の富男と静香。

表向きは居酒屋だが、深夜0時から闇金業を始める。

トサン(10日で3割)という違法な高金利で金を貸し、苛烈な取立てで債務者を追い込むのが銭形兄弟のスタイル。

ある日、ボクサー崩れの男・八雲が「銭形」に入れてくれと申し出てくる…。

地方でくすぶるキャバクラ嬢や半ぐれ、ヤクザなど、金の魔力に取り憑かれたアウトローな連中たち。

返せるあてのない借金を抱え、最後の手段として居酒屋「銭形」を訪れた人々の運命を描く“闇金”ピカレスク小説。

エンタメの人気本ランキング 第8位

能楽手帖

本タイトル:能楽手帖

本タイトルカナ:ノウガクテチョウ

著者名:天野 文雄

出版社名:KADOKAWA

発売日:2019年09月21日

700年の歴史を超えて、能は絶えることなく上演され続けてきた。

今も受け継がれるそのレパートリー約250曲のうち、現代の能楽堂で観ることのできる全200曲を精選。

作者と上演史から、展開、素材、演出まで多角的に解読し、演目に込められた作意、古典芸能ゆえに見失われがちな舞台作品としての輪郭を浮かび上がらせてゆく。

能楽用語の解説や小文「能を観るヒント」を収録し、研究の第一人者がすべての現代人を観能の愉しみへと誘う。

エンタメの人気本ランキング 第9位

トスカ

本タイトル:トスカ

本タイトルカナ:トスカ

本サブタイトル:ヴィクトリアン・サルドゥ-より

著者名:ヴィクトリアン・サルドゥ/笹部博司

出版社名:星雲社

発売日:2008年09月

「トスカ」は見せ場に継ぐ見せ場の連続で、観客を喜ばせ、熱狂させるまさによく出来た芝居の典型である。

そしてその魅力の中心にあるのが、嫉妬深く情熱的な黒い瞳の歌姫トスカである。

我が侭、気紛れ、奔放、がむしゃら、自分勝手、思いこみが強く、頭の中には妄想がいっぱいのトスカ。

そしてトスカは演じる女である。

愛を、憎しみを、怒りを全身で演じ、愛そのもの、憎しみそのもの、怒りそのものに変貌する。

瞬時に変わるその心の動きに、一瞬も目が離せない。

どうかオペラでも有名なこのキャラクターを、御十分に堪能下さい。

エンタメの人気本ランキング 第10位

フェードル

本タイトル:フェードル

本タイトルカナ:フェードル

本サブタイトル:ラシーヌより

著者名:ジャン・バティスト・ラシーヌ/笹部博司

出版社名:メジャーリーグ

発売日:2008年09月

恋する女フェードル。

一言で言えば、フェードルはひどい。

一方的に自分一人で盛り上がり、何の罪もない周りの人間を巻き込み、自分も含めて、全てを破滅させてしまう。

恋愛によって人間は愚かになるというが、フェードルのお馬鹿ぶりは空前絶後である。

その思いこみと独りよがりは、もうお見事と言って感嘆するしかなく、その暴走振りに、爽快さすら感じてしまう。

エンタメの人気本ランキング 第11位

スパルタの黄金を探せ!(上)

本タイトル:スパルタの黄金を探せ!(上)

本タイトルカナ:スパルタ ノ オウゴン オ サガセ

著者名:クライヴ・カッスラー/グラント・ブラックウッド

出版社名:SBクリエイティブ

発売日:2010年03月

時は1800年。

ナポレオン軍はアルプスの峠越えの途中、古代の貴重な遺品に遭遇した。

が、ナポレオンの死とともにそれは失われてしまった。

そして現代。

トレジャーハンターのファーゴ夫妻は、アメリカ東海岸でドイツの超小型潜水艇を発見した。

艇内には、セミの紋章が刻印されたワインが残っていたが、同じ頃ファーゴ夫妻の知人も同じ紋章のあるワインの瓶の破片を見つけた。

が、彼は謎の男に誘拐され尋問を受けることに!調査の結果、ワインは“ナポレオンの失われたセラー”と呼ばれるものと判明するが…。

エンタメの人気本ランキング 第12位

秀逸超難問ナンプレプレミアム145選Zeus

本タイトル:秀逸超難問ナンプレプレミアム145選Zeus

本タイトルカナ:シュウイツ チョウ ナンモン ナンプレ プレミアム ヒャクヨンジュウゴセン ゼウ

本サブタイトル:理詰めで解ける!脳を鍛える!

著者名:篠原菊紀/川崎光徳

出版社名:永岡書店

発売日:2018年08月

エンタメの人気本ランキング 第13位

教科書には載せられない黒歴史

本タイトル:教科書には載せられない黒歴史

本タイトルカナ:キョウカショ ニワ ノセラレナイ クロ レキシ

著者名:歴史ミステリー研究会

出版社名:彩図社

発売日:2018年09月

エンタメの人気本ランキング 第14位

西洋音楽史を聴く バロック・クラシック・ロマン派の本質

本タイトル:西洋音楽史を聴く バロック・クラシック・ロマン派の本質

本タイトルカナ:セイヨウオンガクシヲキク バロック・クラシック・ロマンハノホンシツ

著者名:前川 誠郎

出版社名:講談社

発売日:2019年03月13日頃

音楽史における時代区分は独特である。

十七世紀以降のバロック、クラシック(古典派)、ロマン派、後期ロマン派、さらに国民楽派、二十世紀音楽へと続くそれぞれの特徴はどこにあるのか。

それらの音楽の目指したものは何なのか。

通常の区分の再吟味から本質の探求へ、生涯をかけて「聴く」ことに精魂を傾けた著者が西洋音楽への愛と深い造詣を綴る。

エンタメの人気本ランキング 第15位

文庫 ヒッチコックに進路を取れ

本タイトル:文庫 ヒッチコックに進路を取れ

本タイトルカナ:ブンコヒッチコックニシンロヲトレ

著者名:山田宏一/和田誠

出版社名:草思社

発売日:2016年12月02日頃

『サイコ』『鳥』『ダイヤルMを廻せ!』『北北西に進路を取れ』など、サスペンス、ホラー、ミステリー映画の古典として名高いヒッチコック作品ーその秘密と魅力を二人の映画好きが余すところなく語り明かす。

傑出した映像技術、小道具、衣装、メークアップ、銀幕スターから脇役の輝き、はてまた製作裏話まで話は尽きることがない。

映画好きの情熱が紡ぎ出した、並々ならぬ鑑賞眼と分析力で、極上の映画の愉しみ方を披露する。

ヒッチコック作品をもう一度じっくり味わいたくなる、映画ファン必見の傑作対談集。

エンタメの人気本ランキング 第16位

名品超難問ナンプレプレミアム145選  Apollon

本タイトル:名品超難問ナンプレプレミアム145選  Apollon

本タイトルカナ:メイヒン チョウ ナンモン ナンプレ プレミアム ヒャクヨンジュウゴセン アポロ

本サブタイトル:理詰めで解ける!脳を鍛える!

著者名:篠原菊紀/川崎光徳

出版社名:永岡書店

発売日:2018年08月

エンタメの人気本ランキング 第17位

名探偵コナン11人目のストライカー

本タイトル:名探偵コナン11人目のストライカー

本タイトルカナ:メイタンテイコナン ジュウイチニンメノストライカー

著者名:水稀 しま/小学館集英社プロダクション

出版社名:小学館

発売日:2012年04月12日頃

ある日、毛利探偵事務所に大規模爆破を予告する電話がかかってきた。

阻止する方法はただ一つ。

犯人が残した謎の暗号を謎の暗号を解読することだ。

残された時間は45分。

絶望的な状況に追い込まれても、事件の解決をあきらめないコナンだが、爆風の中、犯人を取り逃がしてしまう。

犯人が計画性を持っていると推理したコナンは、次の爆発を阻止するために単独捜査に乗り出す。

次のターゲットは一体どこなのか?果たして犯人は誰なのか?そしてなぜ、小五郎を狙うのか…。

エンタメの人気本ランキング 第18位

ゴダール映画史

本タイトル:ゴダール映画史

本タイトルカナ:ゴダール エイガシ

著者名:ジャン・リュック・ゴダール/奥村昭夫

出版社名:筑摩書房

発売日:2012年02月

「私は映画の歴史を、単に年代的なやり方で語るのではなく、むしろ、いくらか考古学的ないしは生物学的なやり方で語ろうと考えていました…私に興味があるのは、まさに、自分がかつてつくったものを見ること、そしてとりわけ、自分がかつてつくった何本かの映画を利用することなのです。

」映画史上の名画と自身の旧作を上映しつつ個人史を自由に語るというユニークなこの連続講義は、空前の映像作品ー『映画史』Histoire(s) du cin´emaへと結実する。

語りを超えて映像と音からつくられる“真の”映画史は、ここから生まれた。

エンタメの人気本ランキング 第19位

世界の指揮者

本タイトル:世界の指揮者

本タイトルカナ:セカイ ノ シキシャ

著者名:吉田秀和

出版社名:筑摩書房

発売日:2008年03月

フルトヴェングラー、ヴァルター、ムラヴィンスキー、カラヤン、アバド…演奏史上に輝く名指揮者28人に光をあて、その音楽の特質と尽きせぬ魅力を描いた名著『世界の指揮者』に、指揮者をめぐるエセーの章「指揮者の風景」、さらにリヒターのバッハ『マタイ受難曲』やクライバーのブラームスなどCDの名盤を語る「指揮者とディスク」の二章を新たに増補しておくる、指揮者論の最高峰。

エンタメの人気本ランキング 第20位

M/D 上

本タイトル:M/D 上

本タイトルカナ:エムスラッシュディー01

本サブタイトル:マイルス・デューイ・デイヴィス3世研究

著者名:菊地 成孔/大谷 能生

出版社名:河出書房新社

発売日:2011年08月08日頃

東京大学における伝説の講義が、ついに文庫化。

時代により変遷を重ねたマイルスの音楽世界を、理論はもとよりファッション、映画など、ジャンル横断的に論じた比較文化的マイルス論の決定版。

上巻は誕生からエレクトリック期前夜まで。

文庫オリジナル座談会には中山康樹氏も参加。

エンタメの人気本ランキング 第21位

小津ごのみ

本タイトル:小津ごのみ

本タイトルカナ:オズゴノミ

著者名:中野翠

出版社名:筑摩書房

発売日:2011年04月06日頃

小津映画には監督の美意識・趣味が溢れている。

ファッション、インテリア、雑貨といった表層的なものから、俳優・女優の顔かたち、仕草や口調や会話の間にいたるまで。

原節子、三宅邦子、笠智衆、佐分利信、東野英治郎、斎藤達雄と名を連ねるとおのずと小津映画ムードが湧いてくる。

映画評論家の見落としがちな、監督の好嫌の感情に注目した、画期的な小津論。

エンタメの人気本ランキング 第22位

世界のピアニスト

本タイトル:世界のピアニスト

本タイトルカナ:セカイ ノ ピアニスト

著者名:吉田秀和

出版社名:筑摩書房

発売日:2008年05月

ポリーニ、アルゲリッチ、グールド、ホロヴィッツ、リヒテル、ツィマーマン…世界の名ピアニスト29人に光をあて、その芸術の特性と演奏家独自の魅力を明晰な文章で論じる。

ピアノ演奏の歴史をふり返り、文化的背景の考察もふまえて演奏家の内面に鋭く分け入り音楽の深い魅惑を指し示す。

不世出の音楽批評家が、ピアニストたちの美の世界の魅力を語る愉しくも華麗な演奏論。

エンタメの人気本ランキング 第23位

グレン・グールドは語る

本タイトル:グレン・グールドは語る

本タイトルカナ:グレン グールド ワ カタル

著者名:グレン・ハーバート・グールド/ジョナサン・コット

出版社名:筑摩書房

発売日:2010年10月

1955年録音の『ゴルトベルク変奏曲』以来、聴衆を圧倒し続けたピアニスト、グレン・グールド。

精緻で独創的な解釈に裏打ちされた演奏で聴衆を熱狂させた一方、奇矯なステージマナーや不可解な生活スタイルで神話化された天才が、みずからの音楽や思想を、心を開いて語り尽す。

独特な演奏法について、ピアノのタッチについて、偏愛する作曲家について、実験的な録音について、ポップミュージックについて…。

1970年代アメリカを象徴する『ローリング・ストーン』誌に掲載されたロング・インタヴュー。

新訳・写真多数。

エンタメの人気本ランキング 第24位

マイルス・デイヴィスの真実

本タイトル:マイルス・デイヴィスの真実

本タイトルカナ:マイルスデイヴィスノシンジツ

著者名:小川 隆夫

出版社名:講談社

発売日:2016年10月21日頃

マスコミ嫌いで有名だったジャズの帝王、マイルス・デイヴィスに最も近づいた日本人ジャズ・ジャーナリストによる真実の声の数々。

マイルス本人への20回近くにおよぶインタビューと関係者100人以上の証言によって綴られた「決定版マイルス・デイヴィス物語」が待望の文庫化!

エンタメの人気本ランキング 第25位

発声と身体のレッスン

本タイトル:発声と身体のレッスン

本タイトルカナ:ハッセイ ト シンタイ ノ レッスン

本サブタイトル:魅力的な「こえ」と「からだ」を作るために

著者名:鴻上尚史

出版社名:筑摩書房

発売日:2012年12月12日頃

俳優、声優、歌手、アナウンサー…人前に立って話すすべての職業の人に、そして「日本語を正しく声に出したい」すべての人に必読の一冊。

あなた自身の「こえ」と「からだ」を自覚し、魅力的に向上させるための具体的、かつ必要最低限のレッスンの数々。

エンタメの人気本ランキング 第26位

能・文楽・歌舞伎

本タイトル:能・文楽・歌舞伎

本タイトルカナ:ノウブンラクカブキ

著者名:ドナルド・キーン/吉田 健一

出版社名:講談社

発売日:2001年05月

厳粛の中で神秘的幽玄の美が醸し出される能。

人形に不思議な生命を吹き込み演じる文楽。

華麗な色彩と響きと演技が繰り広げられる歌舞伎。

少年期に演劇の擒になって以来、七十年。

日本人以上に日本文化に通暁するキーン博士が世界に比類のない日本の伝統芸能について、その歴史と魅力と醍醐味とを存分に語り尽くす。

エンタメの人気本ランキング 第27位

音楽入門

本タイトル:音楽入門

本タイトルカナ:オンガクニュウモン

著者名:伊福部 昭

出版社名:KADOKAWA

発売日:2016年06月18日頃

土俗的なアイヌ音楽に影響を受け、日本に根ざす作品世界を独学で追求した作曲家、伊福部昭。

語りかけるように綴られた音楽芸術への招待は、聴覚は最も原始的な感覚であり、本能を揺さぶるリズムにこそ本質があるとする独自の音楽観に貫かれている。

「ゴジラ」など映画音楽の創作の裏側を語った貴重なインタビューも収録。

エンタメの人気本ランキング 第28位

実録テレビ時代劇史

本タイトル:実録テレビ時代劇史

本タイトルカナ:ジツロク テレビ ジダイゲキシ

著者名:能村庸一

出版社名:筑摩書房

発売日:2014年01月08日頃

「鬼平」「剣客商売」「忠臣蔵」…日本人の心に沁みる時代劇を現場のプロデューサーとして作り続けた著者による類書のないテレビ時代劇史。

テレビ時代劇の初期から全盛期、民放から時代劇のレギュラー番組がなくなるまでを、制作現場に携わった人たちへの綿密な取材と資料調査に自らの経験も加えて描き出す。

原作、役者、視聴者の変遷からTV局の歴史も含みこんだ時代劇クロニクル1953-2013。

大衆文学研究賞受賞の大著を増補改訂。

付・テレビ時代劇放送記録(昭和28年ー平成25年)。

エンタメの人気本ランキング 第29位

武満徹エッセイ選

本タイトル:武満徹エッセイ選

本タイトルカナ:タケミツ トオル エッセイセン

本サブタイトル:言葉の海へ

著者名:武満徹/小沼純一

出版社名:筑摩書房

発売日:2008年09月10日頃

稀代の作曲家は音楽だけでなく、出色の著作も数多く遺した。

その中から62篇を厳選し、一冊にまとめた文庫オリジナル編集版。

名曲『ノヴェンバー・ステップス』誕生秘話などの自作品の解説や、彼が愛した音楽・映画の評論、日々の随想、そして自作の小説等々、武満の関心の幅広さが窺われる。

また音楽や人間を慈しむ彼の姿が、つづられた数々の言葉から垣間見られる。

巻末に、現在の武満作品琵琶奏者である中村鶴城と編者との対談を収録。

実演する立場から武満音楽の真髄を紹介する。

エンタメの人気本ランキング 第30位

恋と退屈

本タイトル:恋と退屈

本タイトルカナ:コイトタイクツ

著者名:峯田 和伸

出版社名:河出書房新社

発売日:2010年08月03日頃

若者に絶大な人気を誇るロックバンド銀杏BOYZの歌手・峯田和伸、初の書籍。

自身のブログで公開していた『峯田和伸の★朝焼けニャンニャン』から厳選した150話のストーリーを収録。