本・コミックの人気商品ランキング

エンタメの人気本ランキングを掲載しています。

[PR] 【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

>>>トップページへ

エンタメの人気本ランキング

現在選択されているメニュー

  • [現在選択されている大分類]:新書
  • [現在選択されている小分類]:エンタメ

エンタメの人気本ランキング 第1位

新ナブッコ物語

本タイトル:新ナブッコ物語

本タイトルカナ:シン ナブッコ モノガタリ

本サブタイトル:バビロニア王女の光芒

著者名:石田寛人

出版社名:北国新聞社

発売日:2016年01月

紀元前6世紀、新バビロニア王国がイスラエル人を強制連行した事件「バビロン捕囚」を題材にした名作オペラを小説化。

著者が作り出した登場人物を加え、物語はいっそう劇的な展開に!歴史好き、オペラ好きも楽しめる1冊。

エンタメの人気本ランキング 第2位

証言日中映画人交流

本タイトル:証言日中映画人交流

本タイトルカナ:ショウゲン ニッチュウ エイガジン コウリュウ

著者名:劉文兵

出版社名:集英社

発売日:2011年04月

高倉健、佐藤純彌、栗原小巻、山田洋次ら邦画界トップクラスの俳優、映画監督たちの中国との交流を気鋭の中国人映画研究者がインタビュー。

高倉健の内田吐夢監督の思い出、父や幼少期の話、佐藤監督の人民解放軍との共同作業の逸話、栗原小巻の日中文化交流活動、山田監督の敗戦後の満州での生活のエピソードなど、初めて語られる貴重な証言が満載。

また、戦時中中国戦線へ従軍した経験を持つ名匠木下惠介監督の知られざる功績にも光をあてる。

エンタメの人気本ランキング 第3位

ワンピースストロングワーズ 上下巻セット

本タイトル:ワンピースストロングワーズ 上下巻セット

本タイトルカナ:ワンピースストロングワーズ ジヨウゲカンセツト

著者名:尾田 栄一郎

出版社名:集英社

発売日:2012年03月

エンタメの人気本ランキング 第4位

映画講義 ロマンティック・コメディ(938;938)

本タイトル:映画講義 ロマンティック・コメディ(938;938)

本タイトルカナ:エイガコウギ ロマンティック・コメディ

著者名:瀬川 裕司

出版社名:平凡社

発売日:2020年03月16日頃

身分ちがいの恋、誤解から生まれる恋、浮気を乗り越える男女の恋…。

多くを魅了するロマンティック・コメディは、時代とともにいかに変化してきたか。

このジャンルの名作に共通する物語の構造とは一体どのようなものなのか。

ロマンティック・コメディというジャンルの歴史的展開をふまえ、その魅力の源泉に迫る。

エンタメの人気本ランキング 第5位

倉本聰の言葉

本タイトル:倉本聰の言葉

本タイトルカナ:クラモトソウノコトバ

本サブタイトル:ドラマの中の名言

著者名:碓井 広義

出版社名:新潮社

発売日:2020年03月14日頃

「同情ってやつは男にはーつらいんだよ」「威張っているのは親の権利です」「人生は、アップで見れば悲劇だが、ロングショットでは喜劇である」「金なんか望むな。

倖せだけを見ろ」「子どもがまだ食ってる途中でしょうが!!」-『前略おふくろ様』、『北の国から』、『やすらぎの郷』など幾多の傑作を送り出した巨匠・倉本聰の全ドラマ作品から、愛弟子が精選した四百に及ぶ名ゼリフ。

初の名言集。

エンタメの人気本ランキング 第6位

ジャズは気楽な旋律

本タイトル:ジャズは気楽な旋律

本タイトルカナ:ジャズ ワ キラクナ センリツ

本サブタイトル:プロデューサーが出会った素顔の巨人たち

著者名:木全信

出版社名:平凡社

発売日:2014年04月16日頃

アート・ブレイキーやチェット・ベイカー、ベニー・ゴルソン、ケニー・ドリューなどとともに、三〇〇枚以上のアルバムを手掛けた日本人の音楽プロデューサーがいた!一流ミュージシャンたちとの収録秘話のほか、アルバム・プロデュースの手法をこの一冊で語り尽くす。

エンタメの人気本ランキング 第7位

遠くの空に消えたのさ

本タイトル:遠くの空に消えたのさ

本タイトルカナ:トオク ノ ソラ ニ キエタノサ

本サブタイトル:私的「昭和大衆歌謡考」

著者名:堀井六郎

出版社名:グスコー出版

発売日:2014年03月

あの頃の僕たちは、歌謡曲もポップスもむさぼるように聴いていた!マニアックながら、昭和30年代、40年代の青春の追憶を共有できる心地良さ。

「評論を超える楽しさ」と「歌謡曲への慈愛」あふれる一冊!

エンタメの人気本ランキング 第8位

宮崎駿再考

本タイトル:宮崎駿再考

本タイトルカナ:ミヤザキ ハヤオ サイコウ

本サブタイトル:『未来少年コナン』から『風立ちぬ』へ

著者名:村瀬学

出版社名:平凡社

発売日:2015年07月17日頃

宮崎駿はいつも「地球」のことを考えていた!宮崎アニメに貫かれている「石」や「風」や「星」へのこだわりに注目し、2011.3.11を経た私たちが今受け取るべき“未来へのメッセージ”を提示する。

エンタメの人気本ランキング 第9位

はじめての《指環》(リング)

本タイトル:はじめての《指環》(リング)

本タイトルカナ:ハジメテノユビワリング

本サブタイトル:ワーグナー《ニーベルングの指環》聴破への早道

著者名:山本 一太

出版社名:音楽之友社

発売日:2005年09月01日頃

教養としても知っておきたいクラシックのNo.1は、ワーグナーの長大な四部作。

スペクタクルな物語と音楽を、最後まで聴き通すためのガイドブック。

エンタメの人気本ランキング 第10位

ロマン派の音楽家たち

本タイトル:ロマン派の音楽家たち

本タイトルカナ:ロマンハノオンガクカタチ

本サブタイトル:恋と友情と革命の青春譜

著者名:中川 右介

出版社名:筑摩書房

発売日:2017年04月05日頃

メンデルスゾーン(一八〇九年)、ショパン(一八一〇年)、シューマン(一八一〇年)、リスト(一八一一年)、ワーグナー(一八一三年)。

国は別々だが、一八一〇年前後に生まれた彼らは、友人として緩やかなサークルをつくり刺激しあいながら、“新しい音楽”を創作した。

溢れる才能と情熱を生み出したそのネットワークとはどのようなものだったか。

恋愛や交流、時代の波は、大作曲家たちの作品にどのような影響を与えたか。

同時代を生きた巨人たちの人生から、十九世紀に花開いたロマン派音楽の深奥に迫る!

エンタメの人気本ランキング 第11位

ガルパンの秘密

本タイトル:ガルパンの秘密

本タイトルカナ:ガルパン ノ ヒミツ

本サブタイトル:美少女戦車アニメのファンはなぜ大洗に集うのか

著者名:ガルパン取材班

出版社名:廣済堂出版

発売日:2014年07月

初めは期待されていなかったアニメ「ガルパン」は、なぜこれほど愛されたのか?21人の証言。

「平成25年度いばらきイメージアップ大賞」受賞!

エンタメの人気本ランキング 第12位

原節子、号泣す

本タイトル:原節子、号泣す

本タイトルカナ:ハラ セツコ ゴウキュウス

著者名:末延芳晴

出版社名:集英社

発売日:2014年06月17日頃

小津安二郎は今なお注目を集めている映画監督である。

その小津作品の中でも頂点と評されるのが紀子三部作、『晩春』『麦秋』『東京物語』だ。

各作品のフィナーレに近い場面で、ヒロインを演じた女優原節子は全身を震わせて泣き崩れる。

小津が、不滅の名を残し得たのは、この三本の映画のフィナーレで原に号泣させたからだといっても過言ではない。

「泣く」という行為を切り口に、幸福の限界、幸福の共同体の喪失、という小津映画の主題と思想的本質に迫る画期的評論。

エンタメの人気本ランキング 第13位

忠臣蔵入門 映像で読み解く物語の魅力

本タイトル:忠臣蔵入門 映像で読み解く物語の魅力

本タイトルカナ:チュウシングラニュウモン エイゾウデヨミトクモノガタリノミリョク

著者名:春日 太一

出版社名:KADOKAWA

発売日:2021年12月10日頃

1910年の初映画化以降、何度も映像作品が作られ続けてきた「忠臣蔵」。

実は時代によってその描かれ方は変化している。

忠臣蔵の歴史を読み解けば、日本映像の歴史と、作品に投影された世相が見えてくる。

物語の見せ場、監督、俳優、名作ほか、これ一冊で「忠臣蔵」のすべてがわかる!

エンタメの人気本ランキング 第14位

勧進帳への旅

本タイトル:勧進帳への旅

本タイトルカナ:カンジンチョウ エノ タビ

本サブタイトル:一時間半とその前後を楽しむ

著者名:石田寛人

出版社名:時鐘舎

発売日:2019年05月

義経・弁慶の旅と富樫。

小松が舞台の歌舞伎十八番。

観劇の手引きと情理音楽劇の楽しみ方。

エンタメの人気本ランキング 第15位

アニメが世界をつなぐ

本タイトル:アニメが世界をつなぐ

本タイトルカナ:アニメ ガ セカイ オ ツナグ

著者名:鈴木伸一

出版社名:岩波書店

発売日:2008年03月

満州での少年時代、“トキワ荘”の漫画家たちとの出会い、アニメーターとしてささえたテレビアニメの黄金時代。

今やミュージアムの館長として世界中の日本アニメファンを迎え、ユネスコのアジア諸国向け教育ビデオを作るー“ラーメンの小池さん”のモデルにもなった著者の、さらなる世界への挑戦。

エンタメの人気本ランキング 第16位

世界演劇史改訂新版

本タイトル:世界演劇史改訂新版

本タイトルカナ:セカイ エンゲキシ

著者名:ロベール・ピニャール/岩瀬孝

出版社名:白水社

発売日:1991年09月

エンタメの人気本ランキング 第17位

はじめての和楽器

本タイトル:はじめての和楽器

本タイトルカナ:ハジメテ ノ ワガッキ

著者名:石川憲弘

出版社名:岩波書店

発売日:2003年03月

中学校の音楽に和楽器が登場。

リコーダーやピアノに比べると、まだまだなじみはないけれど、とにかくさわって音を楽しんでみよう!筝・尺八・三味線・打楽器の演奏家たちが、その魅力と奏法をわかりやすく解説します。

和楽器演奏によるクラシックと童謡の名曲をおさめた8cmCD付。

エンタメの人気本ランキング 第18位

モーツァルトを「造った」男─ケッヘルと同時代のウィーン

本タイトル:モーツァルトを「造った」男─ケッヘルと同時代のウィーン

本タイトルカナ:モーツァルトヲツクッタオトコケッヘルトドウジダイノウィーン

著者名:小宮 正安

出版社名:講談社

発売日:2011年03月18日頃

凡庸な人物の非凡な試み。

あの626はいかにして決まったのか。

エンタメの人気本ランキング 第19位

フォークソングが教えてくれた

本タイトル:フォークソングが教えてくれた

本タイトルカナ:フォークソングガオシエテクレタ

著者名:小川真一

出版社名:マイナビ出版

発売日:2020年08月26日頃

エンタメの人気本ランキング 第20位

演劇入門 生きることは演じること

本タイトル:演劇入門 生きることは演じること

本タイトルカナ:エンゲキニュウモン/イキルコトハエンジルコト

著者名:鴻上 尚史

出版社名:集英社

発売日:2021年06月17日頃

日本人が、「空気」を読むばかりで、つい負けてしまう「同調圧力」。

でも、その圧力を跳ね返す「技術」がある。

それが演劇。

「空気」を創る力は、演劇的な思考と感性によって磨くことができるのだ。

なにも舞台に立ったり、俳優を目指したりする必要はない。

本書で、演劇の基礎に触れて、日常の生活で意識するだけ。

長きにわたるコミュニケーション不全の時代に、人間らしい交感の喜びを取り戻し、他者とともに生きる感性を育てる方法を具体的に説く、画期的指南書。

エンタメの人気本ランキング 第21位

あの素晴しい曲をもう一度

本タイトル:あの素晴しい曲をもう一度

本タイトルカナ:アノスバラシイキョクヲモウイチド

本サブタイトル:フォークからJポップまで

著者名:富澤 一誠

出版社名:新潮社

発売日:2010年01月18日頃

誰もが口ずさむ名曲には、意外なドラマや秘話が詰まっている。

最初は三〇〇枚しかプレスされなかった「帰って来たヨッパライ」、原題は「王手」だった「関白宣言」。

軟弱者扱いされた井上陽水、奇異で異質な存在だったユーミンー。

フォークからJポップまで、現場で見つめ続けてきた筆者が綴る五十年史。

読むだけでメロディーが浮かぶ「名曲ガイド50」付き。

エンタメの人気本ランキング 第22位

現代音楽史

本タイトル:現代音楽史

本タイトルカナ:ゲンダイオンガクシ

著者名:沼野 雄司

出版社名:中央公論新社

発売日:2021年01月19日頃

長い歴史をもつ西洋音楽は、二十世紀に至って大きく変貌する。

シェーンベルクやストラヴィンスキーに始まり、ジョン・ケージ、武満徹、バーンスタイン…。

多くの作曲家が既存の音楽の解体をめざして無調、十二音技法、トーン・クラスター、偶然性の音楽などといったさまざまな技法を開発し、音の実験を繰り広げた。

激動する政治や社会、思想を反映しながら時代との闘争を続ける「新しい」音楽のゆくえとは。

エンタメの人気本ランキング 第23位

町山智浩・春日太一の日本映画講義 戦争・パニック映画編

本タイトル:町山智浩・春日太一の日本映画講義 戦争・パニック映画編

本タイトルカナ:マチヤマトモヒロカスガタイチノニホンエイガコウギセンソウパニックエイガヘン

著者名:町山 智浩/春日 太一

出版社名:河出書房新社

発売日:2019年07月29日頃

町山智浩と春日太一が名作の見方と面白さを語り尽くす映画入門、第二弾。

敗戦からシベリア抑留まで、極限下の生と死に迫る『人間の條件』、勝新太郎と田村高廣による痛快バディシリーズ『兵隊やくざ』、戦争を終わらせるための白熱の戦い『日本のいちばん長い日』、岡本喜八がスピーディにドライに描く『激動の昭和史 沖縄決戦』、戦中派・反体制派からの現代日本への警鐘『日本沈没』『新幹線大爆破』など圧倒的に面白い戦争・パニック映画の傑作群!

エンタメの人気本ランキング 第24位

映画館と観客の文化史

本タイトル:映画館と観客の文化史

本タイトルカナ:エイガカン ト カンキャク ノ ブンカシ

著者名:加藤幹郎

出版社名:中央公論新社

発売日:2006年07月

映画はいったいどこで見るべきものなのだろうか。

ホームヴィデオの普及以降一般的になった、個人的な鑑賞は、果たして映画の本来的な姿から遠ざかってしまったものなのだろうか。

本書は、黎明期から今日までの一一〇年間の上映形態を入念にたどりながら、映画の見かたが、じつは本来、きわめて多様なものだったことを明らかにする。

作品論、監督論、俳優論からは到達し得ない映画の本質に迫る試みである。

エンタメの人気本ランキング 第25位

モーツァルト 天才の秘密

本タイトル:モーツァルト 天才の秘密

本タイトルカナ:モーツァルトテンサイノヒミツ

著者名:中野 雄

出版社名:文藝春秋

発売日:2006年01月20日頃

史上初めて自らの人生を曲に託したモーツァルトの音楽は、生涯の三つの事件によって変化したという。

その三つとは…。

天才伝説を覆す画期的考察。

珠玉のCD紹介つき。

エンタメの人気本ランキング 第26位

「高倉健」という生き方

本タイトル:「高倉健」という生き方

本タイトルカナ:タカクラケントイウイキカタ

著者名:谷 充代

出版社名:新潮社

発売日:2015年02月16日頃

不器用で寡黙にして義理と人情に厚く、作品にも人に対してもいっさい手を抜かないー死して伝説と化した名優・高倉健。

著者は、緊張感みなぎる国内外の映画の現場で、私的な会合の場や旅先で、「健さん」本人をはじめ監督や俳優仲間、スタッフや縁あった人々に細やかな取材を重ねてきた。

俳優として、また人として稀有な男の流儀を追いつづけた四半世紀の集大成。

エンタメの人気本ランキング 第27位

ジャニーズは努力が9割

本タイトル:ジャニーズは努力が9割

本タイトルカナ:ジャニーズハドリョクガキュウワリ

著者名:霜田 明寛

出版社名:新潮社

発売日:2019年08月01日頃

本当の“才能”とは、努力できること。

そう、ジャニーズは教えてくれたー。

司会や演技に果敢に挑戦する者、アイドルを極める者、人柄を磨く者…努力の仕方は十人十色。

厳しい競争を勝ち抜いた、彼らの努力や人生哲学に光をあてる。

そして、彼らを見抜き導いたジャニー喜多川の「育てる力」とは?膨大な資料から本人たちの言葉を選り抜いた、ゴシップ抜きのジャニーズ論。

最強エンタメ集団から、人生を変えるヒントを盗む!

エンタメの人気本ランキング 第28位

フランス映画史の誘惑

本タイトル:フランス映画史の誘惑

本タイトルカナ:フランス エイガシ ノ ユウワク

著者名:中条省平

出版社名:集英社

発売日:2003年01月

映画はフランスで始まった!そして、高度な文化・芸術・産業としてフランス映画はいまも、アメリカにおとらぬ重要性をもった作品や監督や技術者を生み出しつづけている。

そもそもトリック撮影やアニメーション、犯罪映画など、映画の重要な分野を世界に先駆けて開拓したのもフランス映画だった。

本書は、リュミエール兄弟による映画の発明から、ルノワールら巨匠たちによる往年の傑作、映画の革命ヌーヴェル・ヴァーグ、近年の大ヒット作『アメリ』まで、フランス映画百余年の歩みをコンパクトに紹介する最良の一冊である。

アメリカの娯楽映画とは異なる、人間とこの世の真実への深い洞察にみちたフランス映画の世界へようこそ。

エンタメの人気本ランキング 第29位

NARUTO名言集絆(天ノ巻)

本タイトル:NARUTO名言集絆(天ノ巻)

本タイトルカナ:ナルト メイゲンシュウ キズナ

著者名:岸本斉史

出版社名:集英社

発売日:2013年03月15日頃

一九九九年の連載開始以来、日本、そして世界中のファンを魅了し続ける『NARUTO-ナルト』の名言集が、満を持して登場。

本書はジャンプ・コミックス『NARUTO-ナルト』巻ノ一から巻ノ六十三までに登場する珠玉の“言ノ葉”を、十のテーマに分けてセレクト。

「天ノ巻」と「地ノ巻」の二冊に収録した。

天ノ巻のテーマは「信念」「激励」「宿望」「忍」「矜持」の五つ。

過酷な忍世界の中、己の「忍道」を信じて生きる、忍達の魂のメッセージを、数々の名場面と共に堪能しよう。

巻末には作者・岸本斉史先生の両巻にわたるロングインタビューを掲載。

解説は漫画評論家・伊藤剛が執筆。

エンタメの人気本ランキング 第30位

韓流時代劇の魅力

本タイトル:韓流時代劇の魅力

本タイトルカナ:ハンリュウ ジダイゲキ ノ ミリョク

本サブタイトル:チャングム、イ・サンの監督が語る

著者名:イビョンフン/白井美友紀

出版社名:集英社

発売日:2012年03月

「韓国で作ったドラマが、文化も歴史も違う日本で受け入れられたのは、面白さと有益さという私の二つの創作哲学が、世界のどこでも共通だからかもしれないー」。

「チャングム」「ホジュン」「商道」「薯童謠」「イ・サン」「トンイ」などの名作を次々と世に送り出してきたドラマ演出家が、全自作や出演俳優との思い出、制作の裏側、そして、一つ一つの作品に込めた大切なメッセージ等を、惜しげなく語った。

チョン・グァンリョル、イ・ヨンエ、イ・ソジン、ハン・ヒョジュを始めとする人気スターたちの知られざるエピソードも満載。

本書一冊で、韓流時代劇が一〇〇倍愉しめる。