本・コミックの人気商品ランキング

ビジネス・経済・就職の人気本ランキングを掲載しています。

[PR] 【日本最大級の旅行サイト】楽天トラベル

>>>トップページへ

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング

現在選択されているメニュー

  • [現在選択されている大分類]:新書
  • [現在選択されている小分類]:ビジネス・経済・就職

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第1位

実力派たちの成長戦略

本タイトル:実力派たちの成長戦略

本タイトルカナ:ジツリョクハタチノセイチョウセンリャク

本サブタイトル:30代、40代は「ビジョナリー・プロフェッショナル」となれ!

著者名:山本真司

出版社名:PHP研究所

発売日:2015年06月18日頃

会社からの過大な要求、疲弊していくメンバー、成長できない自分…。

大変動の時代を生きるプレイングマネジャーたちに贈る新しい働き方の指針。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第2位

中韓産業スパイ

本タイトル:中韓産業スパイ

本タイトルカナ:チュウカン サンギョウ スパイ

著者名:渋谷高弘

出版社名:日経BPM(日本経済新聞出版本部)

発売日:2015年11月09日頃

新日鉄住金がポスコによる技術窃盗の証拠をつかんだのは韓国人密告者の「怪文書」がきっかけだったー90年代半ばから韓国・中国企業に日本の先端技術が流出し続けている。

彼らはどのような手口を使うのか。

産業スパイへの対抗策はないのか。

日経の編集委員が深淵に迫る!

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第3位

100日で結婚

本タイトル:100日で結婚

本タイトルカナ:ヒャクニチデケッコン

著者名:鎌田 れい

出版社名:星海社

発売日:2021年01月27日頃

どんなに忙しくても、100日あれば結婚できる!「いつかは結婚したい」と言いながら、忙しさのせいにして何もしないまま月日が流れていませんか?本書では、出逢いから交際に至る率90%以上の現役仲人が、忙しい毎日でも運命の人に出逢い、最短で結婚するためのノウハウを紹介します!必要なのは、容姿でも条件でも、じっくり恋愛する時間でもありません。

絶対に諦めない心と情熱を注ぎ込んだ「100日」という期限です。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第4位

歴史通

本タイトル:歴史通

本タイトルカナ:レキシツウ

著者名:谷沢永一

出版社名:ワック

発売日:2004年04月

著者の考えの基本と枠組みは、すべてこの1冊に集約されているー世間のくまぐまを味わいわけるのは、すなわちわれわれの舌頭である。

人の世のくさぐさを受けとる味感が鋭敏であればあるほど、室町時代の町衆のように、あら面白の人の世や、と手拍子を打つ心躍りにも至る。

誰もが食を味わうように、人を味わい世を味わうのが人生の行程であるだろう。

されば万事につけて味覚が鋭く広やかであるにこしたことはあるまい。

本書は、皆さま方にそっと差しだす、味見のためのささやかな試食の膳である。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第5位

新訳武士道

本タイトル:新訳武士道

本タイトルカナ:シンヤク ブシドウ

本サブタイトル:通勤大学図解・速習

著者名:新渡戸稲造/ハイブロー武蔵

出版社名:総合法令出版

発売日:2006年02月

日本人の精神の源流。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第6位

統計学 最高の教科書

本タイトル:統計学 最高の教科書

本タイトルカナ:トウケイガクサイコウノキョウカショ

著者名:今野 紀雄

出版社名:SBクリエイティブ

発売日:2019年04月18日頃

仕事で役立つ統計学の基礎をしっかり学べる!キホンから1つ1つわかりやすく解説。

統計学を初めて学ぶ人、やり直したい人に最適!章末問題&詳細解説で理解度を確認できる。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第7位

社会保障と財政の危機

本タイトル:社会保障と財政の危機

本タイトルカナ:シャカイホショウトザイセイノキキ

著者名:鈴木 亘

出版社名:PHP研究所

発売日:2020年11月16日頃

感染症の危機、経済の危機の次は、社会保障の危機である。

生活保護、医療、介護、年金は、今どのような状況にあり、どのような対策を立てるべきなのか。

社会保障研究の第一人者が、「生活保護はいったん受給すると抜け出すのが困難になる。

求職者支援制度を活用すべき」「本来毎年少しずつ行うはずだった年金支払額のカットが、17年間で3回しか行われていない」などと問題点を指摘する。

さらに、「消費税と社会保障費を切り離せば、消費税減税も可能になり、社会保障改革も進む」と提言。

終章ではベーシック・インカムが可能なのかどうかについて検討を行う。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第8位

ブランディング

本タイトル:ブランディング

本タイトルカナ:ブランディング

著者名:坂手康志/小々馬敦

出版社名:総合法令出版

発売日:2013年04月

市場が成熟化したこれからの日本では、単に良い商品・サービスを出すだけでは利益をあげることができない。

自社あるいは商品・サービスのブランド価値を高めることが競争を勝ち抜く上で不可欠となる。

ブランドの重要性から、様々なブランドマネジメントの手法、ブランドと人間の五感の関係、主要業界のブランディングまでを網羅した入門書の決定版。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第9位

オレンジこそ最強の色である

本タイトル:オレンジこそ最強の色である

本タイトルカナ:オレンジ コソ サイキョウ ノ イロ デ アル

著者名:七江亜紀

出版社名:マイナビ出版

発売日:2015年09月26日頃

仕事でスキルアップしたい。

ポジティブな気持ちで仕事に取り組みたい。

部下のマネジメントに悩んでいる…。

その悩み、色で解決できるんです!目からウロコ!カラーマネジメントで人に好かれる!部下が伸びる!自己アピールは色でする!困ったらオレンジを使え!!

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第10位

ビジュアル 図でわかる会社法<第2版>

本タイトル:ビジュアル 図でわかる会社法<第2版>

本タイトルカナ:ビジュアル ズデワカルカイシャホウ ダイニバン

著者名:柴田 和史

出版社名:日経BP 日本経済新聞出版本部

発売日:2021年01月19日頃

本書は、株式会社の仕組みや決まり事に関する会社法の知識を、94のキーワードと図解で説明する入門書です。

令和元年改正(2021年施行)などを盛り込み新版化しました。

著者は、司法試験委員や、経済産業省の商法関連研究会の座長などを歴任してきた第一人者です。

会社の機関設計の基礎知識をコンパクトに説明。

図解を駆使して、難解な法律用語の意味や仕組みを、直感的に理解できるようにしました。

会社法についてはじめて学ぶ人や、全体像をざっと把握したい人に最適。

司法試験をはじめ資格取得のための勉強の第一歩として役立てることもできます。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第11位

言いづらいことの伝え方

本タイトル:言いづらいことの伝え方

本タイトルカナ:イイズライ コト ノ ツタエカタ

著者名:本間正人(学習学)

出版社名:日経BPM(日本経済新聞出版本部)

発売日:2014年09月

詫びる、反対する、お願い事をするなど、言いづらいひと言を的確に口にできるようになれば、仕事は何倍もはかどります。

本書は、誰もが経験するビジネスシーンごとに、どのような伝え方が適切なのか、具体的に解説します。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第12位

社内失恋カウンセリング

本タイトル:社内失恋カウンセリング

本タイトルカナ:シャナイ シツレン カウンセリング

本サブタイトル:心が折れるほど苦しむあなたへ

著者名:市岡久典

出版社名:労働調査会

発売日:2014年01月

うまくいかない社内恋愛は苦しい。

別れても、相手の姿がちらつく職場でひそかに心の痛みに耐えるのはかなりシンドイ。

いつまでも失恋を引きずり、心がつぶれそうになって“失恋うつ”になることも。

本書は、心理カウンセラーの視点から、失恋パターンの底に潜む心理と陥りがちな心のクセを解きほぐし、苦しむ人が自分と向き合い、現状を乗り越えていくための対処法を説いていく。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第13位

現場力

本タイトル:現場力

本タイトルカナ:ゲンバリョク

本サブタイトル:強い日本企業の秘密

著者名:光山 博敏/中沢 孝夫

出版社名:筑摩書房

発売日:2020年05月07日頃

IoT、AI、インダストリー4.0-。

官主導で次々に仕掛けられる潮流に飲み込まれた日本の産業界は、重要なものを見落としている。

それは、日本企業の技術開発が現場で行われてきたものであり、リーダーが計画できるものではないということだ。

では、真に競争力のある企業が持っている「現場力」とはなんなのか。

ドイツやタイ、そして日本のものづくりの現場を歩き、従来の完成品メーカー/下請けの関係を超えて地方発の新たな取引関係を打ち立てつつある、日本企業の強さの秘密に迫る。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第14位

怒らないで聞いてください

本タイトル:怒らないで聞いてください

本タイトルカナ:オコラナイデ キイテクダサイ

本サブタイトル:ビジネストーク鉄板フレーズ集

著者名:平林信隆

出版社名:マイナビ出版

発売日:2014年11月

本書は、ビジネスシーンで大きな効果を発揮する鉄板フレーズを、シチュエーション別に解説した1冊です。

ビジネスの肝はコミュニケーションです。

そのコミュニケーションを円滑にする鉄板フレーズを数多く知っていれば、それだけビジネスが成功する確率も高まります。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第15位

日本企業のガバナンス改革

本タイトル:日本企業のガバナンス改革

本タイトルカナ:ニッポンキギョウノガバナンスカイカク

著者名:木ノ内 敏久

出版社名:日経BP 日本経済新聞出版本部

発売日:2020年12月11日頃

本書は、2015年から始まった日本のコーポレートガバナンス改革について解説した入門書です。

ガバナンスとは何か、改革によって日本企業がどう変わったのかについて、ていねいに解き明かします。

著者は、日本経済新聞社の記者として、ガバナンス改革の最前線を取材してきました。

本書では数々の事例をもとに、リアルな実情を描き出します。

東芝不祥事の教訓、出光やLIXILのお家騒動、アクティビストとの闘い、復活した村上ファンド、ヤフーとアスクルの争いなど、誰もが聞いたことのある事例を多数取り上げています。

経営者、マネジメント層はもちろん、日本企業の経営に関心のある方全般にお読みいただきたい1冊です。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第16位

イライラ・モヤモヤする 今どきの若手社員のトリセツ

本タイトル:イライラ・モヤモヤする 今どきの若手社員のトリセツ

本タイトルカナ:イライラモヤモヤスル イマドキノワカテシャインノトリセツ

著者名:平賀 充記

出版社名:PHP研究所

発売日:2022年03月17日頃

いつの世も「今どきの若者」はオトナにはよくわからないものだが、近年、そのギャップは広がるばかり。

そのため職場では、若手社員にイライラ・モヤモヤ(イラモヤ)させられている人も多いはず。

かといって、パワハラとなったら困るし、説教して古臭いオジサン(オバサン)と思われるのも…。

そこで、若者の働き方研究家が、彼らの「脳内=ホンネ」を翻訳するとともに、職場で発生しがちなイラモヤ場面を具体的に取り上げ、その解消法を指南する。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第17位

日本金融百年史

本タイトル:日本金融百年史

本タイトルカナ:ニホンキンユウヒャクネンシ

著者名:横山 和輝

出版社名:筑摩書房

発売日:2021年08月10日頃

はじまりは、株式市場でどの銘柄も軒並み暴落した一九二〇年。

その後、関東大震災、昭和恐慌に直面し、戦争へと突き進む中、日本の株式市場、金融システムは様々な政策のもと、揺れ動いていくことになる。

戦後復興、高度成長、バブル、「失われた三〇年」といま続く流れはどのように導かれていったのか。

経済・金融政策と人々の思惑はいかに影響を与え合うのか。

歴史の教訓を見誤らないためにこの百年を振り返る。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第18位

すぐに役立つ開発指標のはなし

本タイトル:すぐに役立つ開発指標のはなし

本タイトルカナ:スグニヤクダツカイハツシヒョウノハナシ

著者名:野上 裕生

出版社名:アジア経済研究所

発売日:2013年05月01日頃

貧困とは何か。

豊かさとは何か。

所得という指標だけでは、本当の「発展」は測れないのではないか。

「発展」とは、人々の生き方の自由を増やすことなのだから。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第19位

金儲けの精神をユダヤ思想に学ぶ

本タイトル:金儲けの精神をユダヤ思想に学ぶ

本タイトルカナ:カネモウケノセイシンヲユダヤシソウニマナブ

著者名:副島隆彦/SNSI副島国家戦略研究所

出版社名:祥伝社

発売日:2018年07月01日頃

副島隆彦を所長とする研究者集団が、さまざまな角度からユダヤ思想と資本主義を論考する。

“資本主義以後の世界”が問われる今、必読の知的一冊。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第20位

株式公開の知識第7版

本タイトル:株式公開の知識第7版

本タイトルカナ:カブシキ コウカイ ノ チシキ

著者名:加藤晶春/松野雄一郎

出版社名:日経BPM(日本経済新聞出版本部)

発売日:2006年07月

新会社法、平成18年度税制改正などの内容を完全にフォローしたロングセラーテキストの最新版。

株式公開の全体像、メリット・デメリット、制度の概要をコンパクトに解説。

新会社法のポイントである内部統制体制の構築から、外部専門家の活用、公開手続きの実際まで、実務家、経営者に必須の基本知識をコンパクトに整理しています。

東京証券取引所など最新の上場規準に対応しています。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第21位

子育て主婦が知っておきたいお金の話

本タイトル:子育て主婦が知っておきたいお金の話

本タイトルカナ:コソダテ シュフ ガ シッテオキタイ オカネ ノ ハナシ

著者名:ごうだなみこ

出版社名:経済法令研究会

発売日:2014年11月

こんなときどうする?誰に相談すればいいの?主婦がぶつかるお金の話。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第22位

大和ハウス工業

本タイトル:大和ハウス工業

本タイトルカナ:ダイワ ハウス コウギョウ

著者名:長谷川誠二/池上博史

出版社名:出版文化社(中央区)

発売日:2008年03月

トップ取材・社員インタビュー7人掲載・写真約40点・図版約15点・使える企業情報源・採用関連情報、専門家による企業・業界評価も掲載。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第23位

儲かりたいならパート社員を武器にしなさい

本タイトル:儲かりたいならパート社員を武器にしなさい

本タイトルカナ:モウカリタイナラ パート シャイン オ ブキ ニ シナサイ

著者名:小山昇

出版社名:ベストセラーズ

発売日:2017年06月

主婦・シニア・学生の働きぶりが見違える!「儲かる会社」のすごいしくみ。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第24位

社会人なら知っておきたい金融リテラシー

本タイトル:社会人なら知っておきたい金融リテラシー

本タイトルカナ:シャカイジン ナラ シッテオキタイ キンユウ リテラシー

著者名:西村隆男

出版社名:祥伝社

発売日:2016年04月29日頃

社会人に必須の「教養」、身についていますか?「金融リテラシー」とは、お金とどうつきあえばよいのか、に関する知識やスキルのことです。

人生を自由に、よりよく生きるための根本的な技術です。

ライフプランをどのように設計するか。

そのために社会人として必要なお金に関する「教養」をやさしく解説します。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第25位

戦艦大和の真実

本タイトル:戦艦大和の真実

本タイトルカナ:センカン ヤマト ノ シンジツ

著者名:日下公人/三野正洋

出版社名:ワック

発売日:2005年09月

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第26位

病院経営のサ-ビス・マネジメント90

本タイトル:病院経営のサ-ビス・マネジメント90

本タイトルカナ:ビョウイン ケイエイ ノ サ-ビス マネジメント クジュウ

本サブタイトル:よりよいサ-ビスの提供と患者満足度を高めるために

著者名:遠間修平

出版社名:日本医療企画

発売日:2003年12月03日頃

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第27位

スタグフレーションの時代

本タイトル:スタグフレーションの時代

本タイトルカナ:スタグフレーションノジダイ

著者名:森永 康平

出版社名:宝島社

発売日:2022年04月08日頃

モノの値段は上がっているのに、働く人の給料は減り、購買力が低下するーモノと労働の値段が比例しながら上がるインフレではなく、モノだけが値上がりする「スタグフレーション」。

教科書でさらっと触れただけの経済現象が、日本で現実に起ころうとしています。

コロナ禍によって世界的なインフレが進むなか、日本だけがそうなる理由とは何か、またどういったメカニズムで生じたのかを、人気若手経済評論家がわかりやすく解説。

日本がこの災禍を食い止める処方箋も提示します。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第28位

銀行員大失業時代

本タイトル:銀行員大失業時代

本タイトルカナ:ギンコウインダイシツギョウジダイ

著者名:森本 紀行

出版社名:小学館

発売日:2017年08月01日頃

日本の銀行はリーマンショック後の世界的金融危機にも大きな影響を受けず、マイナス金利が導入されれば、そのツケを預金者に押しつけた。

だが、フィンテックによる効率化の嵐が襲来すれば、経営基盤が揺らぐのは必至だ。

これまで高給を食んできた銀行員は失職し、やがて実態にそぐわなくなった銀行は潰れていく運命が待ち受ける。

ぬるま湯に浸かった銀行員に未来はない。

日本の金融界が激震に見舞われるのは時間の問題なのだ。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第29位

コロナ後

本タイトル:コロナ後

本タイトルカナ:コロナゴ

本サブタイトル:ハーバード知日派10人が語る未来

著者名:佐藤 智恵

出版社名:新潮社

発売日:2021年11月17日頃

日はまた沈むのか。

コロナ禍からの反転攻勢は可能か。

これからの戦略の要点とは何か。

ハーバード大学の知日派教授10人に緊急インタビューを敢行。

世界最高の知性たちから返ってきたのは、前向きで示唆に富む言葉だった。

2030年の展望、新たなキーワード、日本が本来持っていた伝統と強み…彼らの知見は未曾有の危機に立ち向かう私たちに前を向く勇気を与えてくれる。

激動の時代を賢く生き抜くための書。

ビジネス・経済・就職の人気本ランキング 第30位

資本論(3)

本タイトル:資本論(3)

本タイトルカナ:シホンロン

著者名:カール・ハインリヒ・マルクス/資本論翻訳委員会

出版社名:新日本出版社

発売日:1983年03月